ここから本文です

内田篤人が“中村憲剛Twitterアカウント”でファンにメッセージ「早く戻れるように頑張ります」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月24日(水)18時40分配信

中村も「頑張れ篤人!」

日本での長いリハビリを経てシャルケに合流後、再び膝の状態が悪化してしまい一時帰国したDF内田篤人だが、“ある先輩”を通して日本のファンにメッセージを送っている。

その先輩とは、J1リーグで首位を走る川崎フロンターレのMF中村憲剛だ。中村は先日、あるインタビューで内田を称賛。そのことについて内田本人からお礼があり、ファンへの“伝言”をお願いされたようだ。23日、中村が自身のTwitterで明かしている。

「『褒めてくれてありがとう!』だなんてわざわざ電話かけてきてくれるなんて律儀なやつだ、内田篤人。笑 早く戻れるように頑張ります!って代わりにツイートしといってって言ってました(先輩なんだけど、笑) 俺も見たい!頑張れ篤人!」 (原文ママ)

怪我に悩まされて長い間ピッチに立てていない内田だが、Jリーグを戦っていたころから、怪我から復帰した際には必ず印象的なパフォーマンスを披露している。今回もきっと、シャルケで再びポジションを勝ち取るための新たな武器を身につけてピッチに戻ってきてくれるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月24日(水)18時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。