ここから本文です

MFなのにキャリア通算300ゴール! 偉業達成の“鉄人”を古巣チェルシーも祝福

theWORLD(ザ・ワールド) 8/24(水) 20:30配信

チェルシーの歴代得点記録を持つランパード

13日に行われたコロンバス・クルー戦に出場し、キャリア通算300ゴール目を決めたニューヨーク・シティに所属する元イングランド代表MFフランク・ランパード。そんな彼を古巣チェルシーが祝福した。

チェルシーは22日、クラブの公式サイトで「チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパードがキャリア通算300ゴールを達成した」と取り上げ、彼の記録を祝福するとともに、試合後のコメントを掲載した。

「ミッドフィルダーとしては偉大な記録だね。心から誇りに思うし、300ゴールという記録が実現するまでまったく想像ができなかったよ。リーグ優勝した2005年のボルトン戦の2ゴールが思い出のゴールかな。ただ、1つに絞るのは難しいよ。どちらも信じられないようなゴールだった。だって、50年ぶりにタイトルをもたらしたゴールだったからね。僕個人だけでなく、クラブにとっても大事なゴールになったよ」

「アストン・ヴィラ戦でクラブの歴代得点記録を塗り替えたことは、いまでも鮮明に覚えている。ボビー・タンブリングを越えられたなんて、本当に信じられなかったからね。ファンもたくさん祝福してくれたし、人生で最も大事な瞬間のひとつになっているよ」

現在38歳のランパードは、先月に行われたコロラド・ラピッズ戦でハットトリックを決めている。活躍の場をMLSに移した今でも、彼のゴールへの嗅覚は健在だった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/24(水) 20:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報