ここから本文です

巨大月餅が登場 横浜・中華街のホテルに

カナロコ by 神奈川新聞 8月24日(水)8時3分配信

 日本の十五夜にあたる中国の「中秋節」(今年は9月15日)に向けて、横浜・中華街のローズホテル横浜(横浜市中区)のロビーに23日、巨大月餅が登場した。中秋節に月餅を食べる中国の風習にちなんで同ホテルが毎年製菓、展示しており23回目。大きさに驚きながらカメラを向ける客も見られた。9月15日まで。

 日本最大級という直径1メートルの月餅は、重さ約60キログラム。満月に見立てたアヒルの塩漬け卵の黄身が多数埋め込まれたあんが入っている。中秋節は中国では春節(旧正月)に次ぐ大切な行事で、月餅は日本での月見団子のように欠かせない存在だという。

 9月15日午前11時半からは、ロビーで巨大月餅を切り分け、先着300人に無料で配布する。また展示期間中は宿泊券などが当たるクイズも実施。同ホテルは「まだまだ暑いが暦の上では秋。近づく季節を感じていただければ」としている。

最終更新:8月24日(水)8時3分

カナロコ by 神奈川新聞