ここから本文です

振り込めKOへタッグ 女子プロと臨港署

カナロコ by 神奈川新聞 8月24日(水)9時1分配信

 お年寄りの振り込め詐欺被害を少しでも減らそうと女子プロレス団体「ディアナ」と川崎臨港署がタッグを組んで啓発するイベントが23日、川崎市川崎区の特別養護老人ホーム「大師の里」で開かれ、デイサービスの利用者ら約60人が参加した。同施設を運営する社会福祉法人馬島福祉会の主催。

 地元に拠点を置く同団体所属の井上京子、伊藤薫、サリーらの5選手が訪問。井上選手らが出演している振り込め詐欺防止DVDを上映した後、「怪しい電話がかかってきてお金の話になったら、すぐに誰かに相談するように」と同選手が呼び掛けた。ゲームなどで交流し、同署員も急増している同署管内の被害状況を説明していた。

最終更新:8月24日(水)9時1分

カナロコ by 神奈川新聞