ここから本文です

マクラーレン、来季ドライバー決定を先延ばしした理由を説明

オートスポーツweb 8月24日(水)7時27分配信

 マクラーレン・ホンダのレーシングディレクター、エリック・ブーリエは、来季に向けたドライバーとの交渉スタートを9月まで遅らせた理由を説明した。

【関連写真】フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 フェルナンド・アロンソは2017年末までの契約を有しているものの、ジェンソン・バトンとチームとの現在の契約期間は今季末までとなっている。マクラーレンはアロンソの来季チームメイトとしてバトンを残留させるか、リザーブドライバーのストフェル・バンドーンを昇格させるかの選択を迫られている。

 マクラーレンはドライバーとの話し合いは9月までは行わないと6月の段階から明言していた。マクラーレンのグループCEO、ロン・デニスは、9月末の役員会でドライバーを決定するかもしれないが、それ以降にずれ込む可能性もあると語っている。

 9月まで交渉をスタートしない理由についてF1iに聞かれ、ブーリエは連戦続きのF1カレンダーの影響が大きいと語った。

「非常に単純な話だ。ドライバーの問題には、ファンもスポンサーも、チームメンバーたちも強い関心を持っている。だが我々は8週間に6回のグランプリという過酷な夏を過ごしてきた。その中でこういう難しい議論をスタートする必要はないと思う」

「それで(夏期の)操業停止の時期には全員休みをとり、サマーブレーク後にじっくり話し合うことにしようと決めた」


 バトンは、今のところ来季のプランは完全に白紙だと述べている。

「9月にじっくり話し合い、自分自身がF1でレースをしたいのかどうか、彼らが僕を走らせたいのかどうかを決め、何らかの決定を下す」

「来年F1でレースをしない場合、何をするのかはまだ分からないけど、楽しむつもりだよ。大人になって以来ずっと、スケジュールに従って暮らしてきた。突然そうでなくなるのはこの18年間の中で最悪のことかもしれないけれど、それはそれでエキサイティングだ」

「将来は別のシリーズでレースをしたい。WECのプログラムに参加できればうれしいね。長距離レースのために、仲間同士助け合ってチーム全体でマシンを作り、マシンを走らせるというのは、すごく楽しいことだからね」

 マクラーレンとの契約を延長しない場合、バトンはウイリアムズに移籍する可能性があると推測されている。ウイリアムズはバトンへの関心を認めているものの、いつまでもマクラーレンの決断を待つつもりはないとも述べている。

 昨年、マクラーレンはバトンとの契約延長を10月1日に発表した。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月24日(水)7時33分

オートスポーツweb