ここから本文です

組織再編のザウバー、フェルスタッペンの元レースエンジニアを採用

オートスポーツweb 8/24(水) 15:32配信

 ザウバーは、トロロッソでマックス・フェルスタッペンのレースエンジニアを務めたセビ・プホラルをヘッド・オブ・トラックエンジニアリングとして起用することを発表した。

マックス・フェルスタッペンとセビ・プホラル(トロロッソ)

 プホラルはヒスパニアでブルーノ・セナのレースエンジニアを務め、ウイリアムズでパストール・マルドナドのレースエンジニアの職を経て、後にチーフレースエンジニアに昇格。2013年にトロロッソに移籍、シニアレースエンジニアを務めていたが、フェルスタッペンのレッドブル移籍の後、チームから離脱していた。



 ザウバーはトラックエンジニアリング責任者のティム・マリヨンを4月末に失っており、プホラルはその後任を務めることになる。 

 これに伴い、暫定的にチーフレースエンジニアを務めていたポール・ラッセルは、以前のパフォーマンス統合部門の責任者のポジションに復帰する。

 プホラルはサマーブレーク明けからザウバーのファクトリーで業務をスタート、シンガポールGPから現地に合流する予定。

 7月にオーナーが変わったザウバーは、組織改革に着手、今シーズン初めから不在となっているテクニカルディレクターとして適任の人物を探し求めている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/24(水) 15:36

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]