ここから本文です

ACIDMAN 年内4公演の対バン相手にストレイテナー/Suchmos/Aggressive Dogs/SPECIAL OTHERS(公演順)

Billboard Japan 8/24(水) 14:15配信

 2016年10月よりバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに入るACIDMANが、先日発表した2マンツアーの年内4公演の対バン相手を発表した。

ACIDMAN その他画像一覧

 11月16日 Zepp Tokyoにてストレイテナー、11月19日 新潟LOTSにてSuchmos、11月25日 石巻ブルーレジスタンスにてAggressive Dogsと、11月27日 仙台PITにてSPECIAL OTHERSを迎えて、対バン公演を行う。

 また8月24日よりACIDMAN MOBILE2次先行、及び各対バンアーティストホームページ先行が開始となった。

 2017年もこの2マンツアーは続くが、今回発表されたのはこの4公演4バンドのみ。来年以降どのようなアーティストとACIDMANが対バンを行うのか、今後も要注目だ。

 そしてACIDMANは20周年を記念して、10月26日におよそ2年ぶりとなるニューシングル『最後の星』、ファン投票によるオールタイムベストアルバム『ACIDMAN Fans’Best Selection Album“Your Song”』を同時発売。その投票は8月31日まで特設サイトとACIDMAN MOBILEにて行っている。20年間の名曲たちからどのような楽曲が選ばれるのか、こちらも結果が非常に楽しみだ。



◎シングル『最後の星』
2016/10/26 RELEASE
[初回限定盤] TYCT-39048 1,200円+税
※初回盤仕様終了後、通常盤(TYCT-30061)に切り替え
初回限定封入特典:「W購入者特典応募チラシ(シングル用)」

◎アルバム『ACIDMAN 20th Anniversary Fans’ Best Selection Album “Your Song”』
2016/10/26 RELEASE
[初回限定盤] TYCT-69106/7 3,500円+税
※初回盤仕様終了後、通常盤(TYCT-60092/3)に切り替え
初回限定封入特典:「W購入者特典応募チラシ(アルバム用)」
投票期間:8月3日(水)~8月31日(水)23時59分
投票結果発表:2016年9月上旬予定
※詳細は公式HPにて

◎対バン・ツアー
2016年11月16日(水)東京・Zepp Tokyo
w/ストレイテナー
2016年11月19日(土)新潟・新潟LOTS
w/Suchmos
2016年11月25日(金)宮城・石巻ブルーレジスタンス
w/Aggressive Dogs
2016年11月27日(日)宮城・仙台PIT
w/SPECIAL OTHERS

2017年2月4日(土)香川・高松オリーブホール
2017年2月12日(日)鹿児島・鹿児島CAPARVOHALL
2017年2月18日(土)広島・広島クラブクアトロ
2017年2月26日(日)福岡・drum logos
2017年3月3日(金)石川・金沢EIGHTHALL
2017年3月5日(日)岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2017年3月11日(土)福島・いわき市文化センター
2017年5月14日(日)北海道・Zepp Sapporo
2017年5月19日(金)愛知・Zepp Nagoya
2017年5月21日(日)大阪・Zepp Osaka Bayside
2017年5月27日(土)東京・Zepp Tokyo
2017年6月3日(土)沖縄・桜坂セントラル
主催・企画制作:ACIDMAN / FREESTAR / SOGO TOKYO
後援・協力:UNIVERSAL MUSIC/Virgin Music
※詳細は公式HPにて

◎【『ACIDMAN 20th Anniversary Fans’Best Selection Album“Your Song”』リリース記念プレミアムワンマンライブ】
2017年01月21日(土)東京・Zepp Tokyo
OPEN 17:30 / START 18:30
料金:1F立見&2F指定4,800円+1D
※ 6歳以上は有料・お席が必要な場合は6歳未満も有料
企画制作:FREESTAR / SOGO TOKYO / Virgin Music
協力:UNIVERSAL MUSIC
問合せ:SOGO TOKYO (03-3405-9999 ※12:00~13:00/16:00~19:00日・祝除く)

最終更新:8/24(水) 14:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]