ここから本文です

実写映画『アサシン クリード』公開決定!新たなストーリーが明らかとなる予告解禁

クランクイン! 8月24日(水)12時0分配信

 全世界でシリーズ累計3700万本以上を売り上げた世界的人気ゲームを実写化した、マイケル・ファスベンダー主演のミステリー・アクション映画『アサシン クリード』の公開が2017年に決定し、合わせてポスタービジュアルと予告編が解禁となった。ゲームの世界観はそのままに、新たなストーリーが描かれるほか、“アサシン=暗殺者”たちによる華麗なアクションが次々に披露される。

【関連】「マイケル・ファスベンダー」フォトギャラリー


 本作は、ある記憶をなくした死刑囚が、遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する伝説のアサシンであった先祖の記憶を追体験するストーリー。オリジナルのゲームと世界観は共有しているものの、主人公などキャラクター設定は異なり、新しいストーリーで描く実写作品となっている。

 本作で主人公の死刑囚カラム・リンチと、彼の祖先を演じるのは『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞候補にもなり、「世界で最も美しい顔」の一位に輝いたこともある俳優、マイケル・ファスベンダー。

 そして、第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞し、フランス芸術文化勲章も受賞したマリオン・コティヤールがヒロインのソフィア・リキン役として本作を彩る。さらに謎に包まれた美しき女アサシン・マリアを、『ビフォア・ミッドナイト』のアリアーヌ・ラベドが担当。また『マクベス』でファスベンダーとコティヤールを起用し、注目を浴びたオーストラリア出身のジャスティン・カーゼルがメガホンを握る。

 到着した映像では、ソフィアがカラムに向かって「あなたはもう存在しないの」と言い放つ衝撃のシーンで幕を開ける。一方で、ルネサンス期のスペインへと舞台が移ると女アサシン、マリアも登場し、カラムの祖先・アギラールと共に華麗なアクションを披露、圧巻のスピード感でスペインの美しい街並みを駆け抜けていく姿が映し出されている。

最終更新:8月24日(水)12時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。