ここから本文です

フォーブス誌「最も稼いだ女優2016」発表、1位は2年連続ジェニファー・ローレンス

クランクイン! 8月24日(水)12時30分配信

 米経済誌「Forbes」が現地時間23日、毎年恒例の「最も稼いだ女優」ランキングを発表。昨年に引き続き、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズや『X‐MEN』シリーズのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが1位に輝いた。

【関連】フォーブス誌「最も稼いだ女優2016」ランキング<フォトギャラリー>


 2015年6月1日から2016年6月1日までの税抜き前概算収入に基づくランキングは、昨年同様にボリウッドや中国など世界の女優を対象にしている。

 1位のジェニファーは昨年の推定5200万ドル(約52億円)から11.5%ダウンの4600万ドル(約46億円)を稼いだ計算になっている。『ハンガー・ゲーム』シリーズの最終章『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』の成功による配当金や、クリス・プラット共演の新作『Passengers(原題)』のギャラが大きいという。

 2位は推定3300万ドル(約33億円)で昨年の3位からランクアップのメリッサ・マッカーシー。オール女性陣で再映画化された『ゴーストバスターズ』に出演し、8ケタのギャラを得たと言われている。

 3位のスカーレット・ヨハンソンは昨年からのワンランクダウンとなったが、日本の人気漫画『攻殻機動隊』ハリウッド実写版で主役の座を射止め、1750万ドル(約17億5000万円)を手にしたと推測されている。推定収入2500万ドル(約25億円)には、有名ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」の広告収入も加算されているという。

 米「Forbes」誌発表、「最も稼いだ女優」ランキングは以下の通り。
1位 ジェニファー・ローレンス/4600万ドル(約46億円)
2位 メリッサ・マッカーシー/3300万ドル(約33億円)
3位 スカーレット・ヨハンソン/2500万ドル(約25億円)
4位 ジェニファー・アニストン/2100万ドル(約21億円)
5位 ファン・ビンビン/1700万ドル(約17億円)
6位 シャーリーズ・セロン/1650万ドル(約16億5000万円)
7位 エイミー・アダムス/1350万ドル(約13億5000万円)
8位 ジュリア・ロバーツ/1200万ドル(約12億円)
9位 ミラ・クニス/1100万ドル(約11億円)
10位 ディーピカー・パードゥコーン/1000万ドル(約10億円)

最終更新:8月24日(水)12時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。