ここから本文です

次回は2020年の東京!五輪期間中のプロ野球はどうなる?

ベースボールキング 8/24(水) 10:30配信

いよいよ4年後は東京で

 日本中に勇気と感動を与えたリオデジャネイロ五輪もあっという間に閉幕。日本時間22日には閉会式が行われ、スーパーマリオに扮した安倍晋三首相がサプライズ登場するなど、次回・4年後の東京へ向けたバトンの受け渡しも行われた。

 東京五輪から野球も正式競技として復活することが決定したが、その前から五輪開催期間中はプロ野球のペナントレースを中断することがオーナー会議で決定済み。お客さんも集まる夏休み期間ではあるが、「国家的なイベント。球界を挙げて協力」と早期の決断に至った。

 ということで、2020年は開会式の7月24日から閉会式の8月9日までの間、プロ野球は中断する。正式種目復活の母国開催で金メダルへ...。国を挙げて全力を尽くす構えだ。

前回の東京五輪の時は...?

 東京で五輪が開催されるのは、52年ぶり2度目のこと。1964年、アジアで初めて行われたスポーツの祭典に、日本中が熱狂。世界各国から集った名選手たちに酔いしれた。

 この時、日本のプロ野球はどうだったのだろうか……。

 1964年の東京五輪は、現在と開催時期が異なっていた。10月10日に開会式が行われ、24日が閉会式。ということでペナントレースを中断する必要はなかった。

 しかし、この時もプロ野球は全面協力の姿勢を見せている。開幕を例年よりも早め、日本シリーズを10月10日までに終わらせられるように努めたのだ。


 この年のプロ野球はとにかく話題が多かった。セ・リーグは阪神が優勝。最終版まで大洋とデッドヒートを演じ、最終的なゲーム差はわずか「1.0」。勝率8厘の差で猛虎軍団が2リーグ制後2度目となる優勝を果たした。

 一方のパ・リーグは対照的に南海の一強状態。当時の最速記録となる9月19日に優勝を決め、勢いそのままに日本シリーズも勝利。南海が2度目の日本シリーズ制覇を成し遂げている。

王貞治の55号もこの年

 個人で見ても、話題に事欠かないシーズンであった1964年。なんといってもこの年は、MVPに輝いた王貞治が神がかっていた。

 5月3日の阪神戦では、1試合4打席連続本塁打を記録。これは今なお王貞治とナイジェル・ウィルソン(日本ハム)の2人しか達成できていない日本記録である。

 そして9月16日の大洋戦で、当時のシーズン記録となる53本塁打を記録。最終的にはその記録を55本まで伸ばし、2013年にウラディミール・バレンティン(ヤクルト/60本)に破られるまで、50年近く日本記録として君臨する大記録であった。

 この年、王は本塁打と打点の二冠に輝き、打率はトップに3厘及ばず2位。チームは3位に終わったものの、その異次元の活躍が認められてMVPを獲得した。

【1964年の王貞治】
140試 率.320(472-151) 本55 点119
出塁率.456 長打率.720 OPS1.176

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 10:30

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]