ここから本文です

演歌の嶋谷さんデビュー

紀伊民報 8月24日(水)16時46分配信

 和歌山県新宮市熊野川町出身で和歌山市を拠点に活動する演歌歌手、嶋谷正さん(70)がメジャーデビューした。楽曲は「月夜舟」で、田辺市稲成町の作詞作曲家、クマモト庸行さん(76)が作詞を手掛けた。嶋谷さんは「やっと日の目を見た。カップリングも含め2曲を全国に広めたい」と意気込む。

 嶋谷さんは大手鉄鋼会社を定年退職した2006年にCDデビュー。楽曲はクマモトさんが作詞した「絶唱夫婦道」で、関西限定のインディーズでの発売だった。

 今回のCDはメジャーレーベルのメロディーレコードから10日に全国発売。5作目のCDだが、デビュー10年目で念願のメジャーデビューとなった。

 「月夜舟」は恋に破れた女性の心情を歌った楽曲。曲は長山洋子の「絆」やジェロの「うぬぼれ」などを作曲した影山時則が手掛けた。

 カップリング曲はデビュー曲である「絶唱夫婦道」のニューバージョン。嶋谷さん、クマモトさんともに思い入れのある曲だという。

 CDは1200円(税込み)。田辺市内ではクリヤマレコードで販売している。問い合わせは嶋谷正音楽事務所(073・473・2699)か田辺事務所(090・1071・8600)へ。

最終更新:8月24日(水)16時46分

紀伊民報