ここから本文です

シンガポールで売れ行き好調、山中漆器スマホカバーやボールペン 岡田や漆器制作

北國新聞社 8月24日(水)3時11分配信

 漆器製造・販売の「岡田や漆器」(加賀市)はシンガポールのデザイナーと連携し、山中漆器のスマートフォンカバーとボールペン=写真=を制作した。現地で販売したところ、若者を中心に好評で、第2弾の商品の企画も進んでいる。

 スマートフォンカバーとボールペンには、シンガポールの世界遺産「ボタニック・ガーデン」のランをモチーフとするデザインが蒔絵で施されている。同社によると、現地のセレクトショップで3月に発売し、ボールペンは180本が完売した。

 岡田や漆器は昨年、石川県の伝統工芸品市場調査事業で同国を訪れ、現地のデザイナーからコラボレーションを提案された。

北國新聞社

最終更新:8月24日(水)3時11分

北國新聞社