ここから本文です

レアル、モドリッチらとも契約延長へ C・ロナの正式発表は9月の見通し

SOCCER KING 8月24日(水)17時46分配信

 レアル・マドリードは23日、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルと2021年まで契約を延長すると報じられた。同日付のスペイン紙『マルカ』によると、レアル・マドリードはその他にも、契約延長交渉に動く方針だ。

 同紙によると、レアル・マドリードの次のターゲットはクロアチア代表MFルカ・モドリッチだという。クラブはカルロ・アンチェロッティ氏、ラファエル・ベニテス氏、ジネディーヌ・ジダン氏と次々に監督が代わる中、中盤で良いパフォーマンスを発揮し続けているモドリッチを評価。31歳を目前にする同選手に対し、複数年契約を提示する予定だという。なお、現在のところモドリッチはレアル・マドリードと2018年まで契約を結んでいる。

 また、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関しては、契約延長が以前から報道されていた。一時はユーロ2016後に正式発表されるとの見通しが立てられていたが、現段階では9月に発表する予定であるという。

 さらにレアル・マドリードは、現在17歳のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアとも長期契約を締結する模様。ベイルと同様、2021年まで同クラブに在籍することになるようだ。

SOCCER KING

最終更新:8月24日(水)17時46分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]