ここから本文です

16-17シーズン開幕 新サービス参入で『サッカー観戦ライフ』はどう変わる?

SOCCER KING 8月24日(水)18時52分配信

 8月も下旬に入り、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、セリエAなどヨーロッパ主要リーグの新シーズンが続々と開幕した。26日にはブンデスリーガも開幕を迎え、いよいよ欧州サッカーシーズンが本格的にスタートする。そして日本では、この夏から欧州サッカー観戦のスタイルが大きく変わることになった。

 3月10日、ソフトバンク株式会社は、ヤフー株式会社と共同で運営するモバイル端末向けアプリ「スポナビライブ」の提供を開始した。同アプリはスマートフォンやタブレットで、人気の7ジャンル(「プロ野球」、「大相撲」、「なでしこリーグ」、「男子テニス」、「MLB」、「海外サッカー」、「B.LEAGUE」)のスポーツがライブ中継で見放題となる。海外サッカーでは今夏に行われたユーロ2016の一部試合が放送され、今シーズンからプレミアリーグとリーガ・エスパニョーラも全試合生中継で視聴できる。

 さらに8月23日、パフォーム社が展開するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が正式に日本でのサービスを開始した。同サービスではセリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アンといった欧州主要リーグの放送に加え、2017シーズンからはJリーグの放送も全試合生中継で行う。また、サッカー以外のスポーツも豊富にそろえていて、野球、バレーボール、総合格闘技、テニスなどを見ることができる。「DAZN」はデバイス面でも優れていて、アプリ以外にもPCブラウザやゲーム機などで視聴することが可能だという。

 2つの大型ライブストリーミングサービスが参入したことで、多大な影響を受けるのはスカパー!やWOWOW、J SPORTSといった、これまで主に衛星放送を通じて欧州サッカーを中継していた放送局。スポナビライブがプレミアリーグとリーガ・エスパニョーラを全試合生中継で配信することで、J SPORTSとWOWOWはそれぞれライブ放送できる試合が減っている。また、スカパー!は自社コンテンツについては変更がないものの、J SPORTSの試合も視聴できる『欧州サッカーセット』などのパック売りに影響することが予想される。

 もっとも、ライブストリーミング放送は若干のタイムラグが発生することがあったり、インターネット環境に左右されたり、周辺機器を用いずにテレビの大画面で視聴できなかったりといくつかの懸念点があるため、既存の放送局側にも強みはある。また、スカパー!には欧州最高峰の大会であるチャンピオンズリーグと、ヨーロッパリーグをライブで視聴できるという大きな武器もある。

 今夏からはそれぞれのユーザーが、「たくさんの試合をライブで見たい」、「外出先でもサッカーが見たい」、「テレビの大画面でサッカーを楽しみたい」といった目的を持って、自分にあったサービスを選択することが可能になった。今後、ライブストリーミングサービスがユーザーにどのような恩恵をもたらすのか。サッカーシーズンの到来とともに、『サッカー観戦ライフ』にも新たな波が押し寄せている。

SOCCER KING

最終更新:8月24日(水)18時52分

SOCCER KING