ここから本文です

ボルフス、シュールレの後釜として韓国代表FWソン・フンミンをターゲットに?

ゲキサカ 8月24日(水)14時59分配信

 ボルフスブルクがトッテナムFWソン・フンミンに関心を抱いているようだと独誌『キッカー』が報じている。

 ボルフスブルクは昨季チーム最多となる9得点を挙げたFWアンドレ・シュールレがドルトムントに移籍。後釜としてシュツットガルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチの獲得を目指していたが、合意に至らずにコスティッチはハンブルグに新天地を求めた。

 そこでボルフスブルクのクラウス・アロフスGMは、3年前にも獲得に動いた韓国代表FWに白羽の矢を立てたようだ。だが、トッテナムはソン・フンミン獲得時に費やした3000万ユーロに見合った金額を要求するとみられており、その金額はボルフスブルクにとっては手を出せない金額だとされている。

最終更新:8月24日(水)15時24分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]