ここから本文です

シティ移籍間近のブラーボら招集…コパ連覇のチリ、W杯予選に向けて海外組メンバー発表

ゲキサカ 8月24日(水)18時38分配信

 チリサッカー協会は23日、W杯南米予選に臨むチリ代表の海外組メンバーを発表した。

 コパ・アメリカを連覇したチリ。今回のメンバーには、マンチェスター・シティ移籍が近づいているバルセロナのGKクラウディオ・ブラーボや、MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)、FWアレクシス・サンチェス(アーセナル)らが選出されている。

 現在4位のチリは、1日にアウェーでパラグアイ、6日にホームでボリビアと対戦する。

 以下、チリ代表の海外組メンバー18人

▽GK
クラウディオ・ブラーボ(バルセロナ)

▽DF
マウリシオ・イスラ(カリアリ)
ガリー・メデル(インテル)
エンソ・ロコ(クルス・アスル)
エウヘニオ・メナ(サンパウロ)

▽MF
マルセロ・ディアス(セルタ)
フランシスコ・シルバ(クルス・アスル)
フェリペ・グティエレス(ベティス)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
チャルレス・アランギス(レバークーゼン)
マティアス・フェルナンデス(フィオレンティーナ)
エリック・プルガル(ボローニャ)
ロドリゴ・ミジャール(モナルカス・モレリア)

▽FW
アレクシス・サンチェス(アーセナル)
マウリシオ・ピニージャ(アタランタ)
エドソン・プッチ(ネカクサ)
ファビアン・オレジャーナ(セルタ)
エドゥアルド・バルガス(ホッフェンハイム)

最終更新:8月24日(水)18時38分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]