ここから本文です

「もう少し抵抗したかった…」 U-23女子代表候補は男子高校生と1-7敗戦

ゲキサカ 8/24(水) 19:28配信

 千葉合宿中のU-23日本女子代表候補は23日、修徳高(男子)とトレーニングマッチ(30分×3本)を行い、1-7で敗れた。

 キャンプ最終日にトレーニングマッチを行ったU-23代表候補。1本目の26分に先制されるも、2本目の3分にFW井上綾香からのラストパスをMF水谷有希が決めて、同点に追いつく。だが、そこから2得点を与えてしまうと、2本目を1-2で終了。3本目には4失点を喫してしまい、1-7でトレーニングマッチを終えた。

 日本サッカー協会(JFA)によると、高倉麻子監督は「もう少し相手に抵抗したかったのですが、最後は崩れてしまい、失点が増えてしまいました」と唇をかんだ。それでも「代表の経験の少ない選手たちが多かったのですが、今回のトレーニングキャンプは代表に対する意識を持ってもらういい機会になったと思います。すべてはこれからだと思うので、選手たちがチームに帰って本気になってトレーニングに励んでくれることを期待します」と成長を願った。

 以下、出場メンバー

■スターティングメンバー
GK:福村香奈絵
DF:山守杏奈、吉田凪沙、西川彩華、上野紗稀
MF:大矢歩、水谷有希、中村みづき、伊藤美紀
FW:道上彩花、井上綾香

■交代
30分:福村香奈絵→林崎萌維
45分:山守杏奈、吉田凪沙、西川彩華、上野紗稀、大矢歩、水谷有希、中村みづき、伊藤美紀、道上彩花、井上綾香→石井咲希、須永愛海、畑中美友香、葛馬史奈、成宮唯、田中萌、三橋眞奈、中野里乃、瀧澤莉央、田中美南
60分:林崎萌維→高橋麻美

最終更新:8/24(水) 19:28

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]