ここから本文です

ボルボ「XC60」に上質なアイテムをフル装備した「クラシック」を設定

オートックワン 8/24(水) 18:44配信

ボルボ・カー・ジャパンは、クロスオーバーSUV「XC60」に新たなラインナップとなる「XC60 D4 クラシック」「XC60 T5 AWD クラシック」を設定し、8月23日より販売を開始する。価格(消費税込)は、「XC60 D4 クラシック」が599万円、「XC60 T5 AWD クラシック」が629万円となる。

このニュースのフォトギャラリー

「XC60 D4 クラシック」「XC60 T5 AWD クラシック」は、従来のラインアップに比べてより上質な装備を充実させた。チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフをはじめ、本革シート、12セグ地上デジタルTV、フロント・シートヒーター、モダンウッド・パネルを標準装備している。

また、「XC60 D4 クラシック」は18インチアルミホイール”Tucan”を、「XC60 T5 クラシック」は19インチアルミホイール”Lesath”を標準装備した。

新開発のDrive-Eパワートレーンを搭載した「XC60 T5 AWD クラシック」は、エンジンをDrive-E(ドライブ・イー)パワートレーン2リッター直列4気筒ターボに変更。出力及びトルクは245ps/350Nmを発揮し、JC08モード燃費は2016年モデルのT5 AWDと比べプラス11%となる12.3km/Lを実現した。

また、トランスミッションには新開発の8速オートマチックを採用している。さらに、平成17年排ガス基準75%低減、平成27年燃費基準+10%を達成しており、自動車取得税40%軽減、自動車重量税25%軽減、自動車税50%軽減のエコカー減税対象車となっている。

また、2015年7月に導入以来、人気を博しているクリーンディーゼルD4エンジンを搭載する「XC60 D4 クラシック」は、2.0リッター4気筒ターボディーゼルエンジンにより、最高出力は190ps、最大トルクは4リッターガソリンエンジンにも匹敵する400Nmを発揮。パドルシフト付8速ATとの組み合わせにより、ダイナミックな走行性能を実現した。

JC08モード燃費は18.6km/Lとなり、優れた走行性能と高い環境性能を両立した。自動車取得税および自動車重量税が免税(100%減税)、自動車税75%軽減の、エコカー減税対象車となっている。

さらに、「XC60 D4 クラシック / XC60 T5 AWD クラシック/ XC60 T6 AWD R-DESIGN」は、「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」や、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」をはじめとする10種類以上の先進安全技術を標準装備し、全方位的な先進安全装備・運転支援機能を提供している。

最終更新:8/24(水) 18:44

オートックワン