ここから本文です

テスラ、“世界最速”のモデルS発表

carview! 8月24日(水)12時26分配信

米テスラモーターズは23日、現在新車で買える中で最速の速さを誇る「モデルS P100D」を発表した。

【拡大写真を見る】

モデルS P100Dは、停止状態から2.5秒で60mph(時速96km/h)に到達する性能を誇る。この到達時間は「ラフェラーリ」および「ポルシェ918スパイダー」に続き、世界で3番目に速い。だがこれらは限定販売車ですでに新車で購入できないため、新車で買えるモデルでは、テスラモデルS P100Dが世界最速となる。

さらにテスラモーターズは、モデルS P100Dはこれら2モデルよりも車両価格が大幅に安く、大人5人の居住スペースに加え、十分な広さのトランクルームを持つことをアピールポイントとしている。

この速さの秘密は100 kWhの大容量を誇る新開発バッテリーにある。これにより加速が速いだけなく、一度の充電で走れる距離も長くなり、米国のEPA計測モードでは289マイル(約465km)を実現。これは電気自動車の中ではトップレベルとなる。

モデルS P100の価格は、13万4500ドル(約1345万円/1ドル100円換算)から。なお既存のP90DオーナーがP100Dバッテリーに交換することも可能で、その場合は使用中のバッテリーをリサイクルに出すことを条件に2万ドル(200万円)で変更できる。

株式会社カービュー

最終更新:8月24日(水)12時54分

carview!