ここから本文です

新型セレナ「ライダー」を発売

carview! 8/24(水) 17:42配信

??日産自動車の関連会社オーテックジャパンは24日、「日産セレナ」のフルモデルチェンジに合わせ、新型セレナをベースとしたカスタムカー「ライダー」と、助手席および後席への乗降性を高めた「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル」シリーズを設定し、日産の販売会社を通じて同日発売した。?

【日産 セレナの写真をもっと見る(9枚)】

内外装のトータルコーディネートが図られたライダーは、デザインを大幅に刷新。エクステリアでは、フロントグリルやバンパーグリルにメタル調の塗装を施し、“輝き”を演出した。さらにフロントバンパー下部には、ブルーの光を放つ「ブルーホールLED」を採用した。

?インテリアでは、インパネに専用表皮を張り込み、さらにシートやステアリングに合わせてブルーステッチをあしらい、上質感を演出した。

また、メタル調塗装のエクステリアパーツや専用マフラーなどのパーツを「ライダーダイナミックエクステリアパッケージ」としてオプション設定した。??

ライダーの価格は294万9480円から385万0200円。

ステップタイプは、助手席および後席へ乗降する人が乗り降りしやすいロングステップを採用したモデル。助手席または助手席側スライドドアを開閉すると、ステップが自動で展開・格納する仕組みとなっている。さらにステップにはイルミネーションを装備し、暗い場所での視認性を向上するとともに、スタイリッシュさを演出した。

ステップタイプの価格は、270万4320円から335万1240円。

ライフケアビークルは、さまざまなニーズに対応する3つのバリエーションが用意される。「助手席スライドアップシート/セカンドスライドアップシート」は、助手席または2列目左側シートが車両の外側に電動で回転・昇降する装置により、乗員の乗降性を高めたモデル。スライドアップシートには、シートの回転・昇降機能のほか、スライドとリクライニングの操作ができるリモコンが標準装備される。

「チェアキャブ リフタータイプ」は、リモコン操作で昇降する全自動リフターを装備し、車両後部から車いすのまま車内に乗り込めるようにしたモデル。リフター上で車いすの固定を可能とし、介助者の負担を軽減している。介助者が車いすの近くに座るシートアレンジとすることも可能で、家庭での使用から福祉施設・病院まで、さまざまな用途に対応できるようにした。

「送迎タイプ」は、福祉施設や病院などの送迎時に利用者がスムーズに乗降できるようしたモデル。2列目に専用形状シートを採用し、助手席側スライドドアから3列目シートへの乗降性を容易にしたほか、乗降用手すりやステップを装備し、乗降のしやすさにこだわった。

ライフケアビークルの価格は、280万7000円から344万1000円。

株式会社カービュー

最終更新:8/24(水) 17:42

carview!