ここから本文です

ECBはリスク覚悟で追加緩和も、政府が行動しなければ-クーレ理事

Bloomberg 8月24日(水)0時5分配信

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、政府が景気押し上げに必要な措置を講じなければ、リスクを伴ってでも金融緩和を追加せざるを得なくなる可能性があると指摘した。

クーレ理事はジュネーブで開かれたパネル討論会で、「構造改革や財政政策の面で可能な対策を十分に取られなければ、ECBが追加策を講じることになる」とした上で、追加策に伴う副次的影響を強調。「ただより高いものはない」と述べた。

理事はさらに、ECBはこれまでのところ緩和策に関連したリスクを何とか抑えられているが、「措置が大きくなればそれだけ、副次的影響も具現化する」と語った。

原題:Coeure Says Lack of Reforms May Force ECB to Act Despite Risks(抜粋)

Catherine Bosley

最終更新:8月24日(水)0時5分

Bloomberg