ここから本文です

チーズの山、米政府が取り崩しへ-在庫過剰で買い入れ計画

Bloomberg 8月24日(水)10時55分配信

米農務省はチーズ在庫2000万ドル(約20億1000万円)相当を買い入れ、全米にある食糧支援団体フードバンクや食糧庫に分配する計画だ。今年初めに牛乳が世界的に供給過剰となる中、乳製品値下がりに伴う酪農家の損失拡大を食い止めることが狙い。

同省は23日の資料で、チーズ約1100万ポンド(約4990トン)を買い入れると発表した。今月は先に酪農家向けに1120万ドルの補助金を支給することを明らかにしている。酪農業界のロビー団体は1億5000万ドル相当のチーズ買い入れを要請していた。

ビルサック米農務長官は資料で「市況が原因で米国の酪農家が困難な状況を経験している一方、フードバンクへの力強い支援が引き続き必要であることも分かっている」と説明した。

供給が潤沢である一方、世界の需要が軟化しているため酪農家はここ数年、苦境に陥っている。牛乳の生産過剰で米国の一部の酪農業協同組合は今春、数千万ポンドの廃棄を余儀なくされた。

原題:U.S. Bites Into Cheese Mountain With Stockpile Purchase (2)(抜粋)

Lydia Mulvany, Alan Bjerga

最終更新:8月24日(水)10時55分

Bloomberg