ここから本文です

由緒ある神社の境内でクラフトビールをゴクッ!〈住吉神社ビアテラス〉/兵庫

Webマガジン コロカル 8月24日(水)14時13分配信

コロカルニュースvol.1824

国指定の伝統建造物保存地区に選定される、兵庫県篠山市の福住エリア。

このエリアで長い歴史を積み重ねてきた〈住吉神社〉で丹波篠山のクラフトビールと、地場産食材を使ったおつまみを楽しめる〈住吉神社ビアテラス〉が開催されます。

【写真ギャラリーで見る】由緒ある神社の境内で、丹波篠山のクラフトビールをゴクッ!〈住吉神社ビアテラス〉で夏の思い出を

ビアテラスの主役となるビールは、福住集落内にある〈丹波篠山ジグザグブルワリー〉から、こだわりのビール4種類がスタンバイ。

様々な酵母を使い分けて作る豊富なバリエーションとコクのある飲み口が人気のブルワリーで、手作りだからこそ、少量のみの生産となるため、一部のビールファンからは「幻のビール」とも呼ばれているそう。

〈丹波篠山ジグザグブルワリー〉のビール片手につまみたいのが、地元の食材を使ったフード類。

篠山市城下町で人気の自然食ダイニング〈晩めし屋よかちょろ〉や、福住地区の〈丹波日本酒BAR 初音〉を中心に市内の若手事業者がコラボレーションする〈出張Saturday Night Beer!!〉が出店します。

会場となる住吉神社には、京都の東福寺の庭を手がけたことで知られる名作庭家・重森三玲による枯山水の石庭〈住之江の庭〉があるのをご存知ですか?

この日に行われる福住地区の伝統的なまつり囃子〈福住上区 打ち込み囃子〉とあわせてぜひ見ておきたいところ。

お子さん連れや、お酒が苦手という人には移動式カフェ〈Micro Cafe Sasayama〉と、地元農産物直売所の農家レストランによるコラボレーションショップ〈Micro Cafe Sasayama + 一本杉販売所・農家れすとらん・福楽里〉が販売するこだわりのコーヒーや、地元のお母さんたちによるお惣菜がおすすめです。

各ブースでの買い物はチケット制。数量限定の前売券が4500円(500円券×10枚綴り)で、当日券が500円(500円券×1枚)で販売されます。

今年の夏も残すところあとわずか。夏休みの思い出を作りに行くのはいかがですか?

information
住吉神社ビアテラス
住所:住吉神社(兵庫県篠山市川原270)
営業時間:16:00~20:00
日程:2016年8月27日(土)


writer profile
Hiromi Kajiyama
梶山ひろみ
かじやま・ひろみ●熊本県出身。ウェブや雑誌のほか、『しごととわたし』や家族と一年誌『家族』での編集・執筆も。お気に入りの熊本土産は〈808 COFFEE STOP〉のコーヒー豆、〈Ange Michiko〉のクッキー、大小さまざまな木葉猿。阿蘇ロックも気になる日々。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8月24日(水)14時13分

Webマガジン コロカル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。