ここから本文です

映画村が大きな酒場に!〈太秦江戸酒場 幕末・夏祭り〉/京都

Webマガジン コロカル 8/24(水) 14:18配信

コロカルニュースvol.1826

京都市にある時代劇のメッカといえば〈東映太秦映画村〉。2016年8月27日(土)、28日(日)の二晩にわたり、この時代劇の聖地が大人のためのエンターテインメント空間に変わるイベント〈太秦江戸酒場〉が開催されます。その名の通り、映画村が江戸風情あふれる大きな酒場に変わる、大人のための宴です。

【写真ギャラリーで見る】映画村が大きな酒場に!〈太秦江戸酒場 幕末・夏祭り〉/京都

イベントでは、“ロマン溢れる幕末”をテーマに、150年前の江戸の異空間が出現。単に映画村でお酒が飲めるだけではなく、凝りに凝ったたくさんの仕掛けがあり、江戸の夢から醒めさせません。会場には京の老舗によるスペシャルな馳走屋、瓦版屋に見世物小屋、水面行燈祭に盆踊りなど、たくさんの催しが行われます。

また東映が誇る俳優陣が行き交う侍や行商、艶やかな花魁らに扮したり、伝統芸能の職人やアーティストによるアートワークショップも。浴衣や着物で来場すると、すごく楽しそう。

そして、日本酒好きにはたまらない、蔵元たちがお相手する〈きき酒処〉が登場。今年は月桂冠、佐々木酒造、玉乃光酒造、羽田酒造、増田德兵衞商店、松井酒造らが参加し酒蔵とコラボした〈浪人BAR〉に〈新選組BAR〉などが出現します。入場料金は、一日5,000円(入場料のみ)です。

そしてこの〈太秦江戸酒場 幕末・夏祭り〉来場者には、富山県富山市の〈五洲薬品〉がつくる、〈小判型バスボム〉を全員にプレゼント! 厚さ約3センチ、入浴剤では類を見ないずっしりとした重量感、目に眩しいゴールドパッケージで人気のバスボム(入浴剤)です。発売以来、100万個売れているのだとか。ぜひお代官様気分で小判を湯船に投げ入れてみてはいかがでしょう。

太秦江戸酒場では、参加者も時代劇の登場人物の一人。会場での着物レンタルも完全予約制で可能です。

information

太秦江戸酒場 幕末・夏祭り
会場:東映太秦映画村
住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
開催日程:2016年8月27日(土)、28日(日)
時間:19:00~21:30
料金:5,000円(入場料のみ/税込) ※各日700名限定・予約制
※飲食物は別途有料。当日会場にて専用金券「太秦小判」3000円(600円×5枚綴り)をお買い求めください。
チケット購入:Webサイト〈「太秦江戸酒場」入場券 /EDO SAKABA Ticket | Peatix〉にて(8月27日入場、8月28日入場それぞれ申し込みページが用意されています)


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8/24(水) 14:18

Webマガジン コロカル