ここから本文です

米メイシーズの100店舗閉鎖から見える「店舗とEC」「オムニチャネル」の行方

ネットショップ担当者フォーラム 8月25日(木)8時1分配信

米百貨店のメイシーズがアマゾンの「プライムデー」と同時期(7月)に初めて開催した「7月のブラックフライデー」のセールイベントで、記録的な売り上げを達成しました。

「7月のブラックフライデー」セールがけん引役となり、2016年5~7月期(第2四半期)のメイシーズの売り上げは好調でした。

インターネットリテイラー社発行の「北米トップEC事業社 500 2016年版」で第6位のメイシーズは、7月12日にオンラインと店舗でのプロモーションを展開。アマゾンの「プライムデー」と同日に開催し、「(7月のブラックフライデーは)店舗およびオンラインともに上半期最高の売り上げを達成した」とテリー・ラングドレンCEOは語りました。

ただ、ラングドレンCEO、メイシーズも売り上げの金額は明らかにしていません。

メイシーズは第1四半期に続き、第2四半期もオンライン売上が2桁台で成長しましたが、詳しい数字は明らかになっていません。

しかしながら、第2四半期の全体売上は前年同期比で3.9%減少。2016年2~4月期(上半期)は同5.7%減でした。第2四半期はオンラインも含めて取引数が同5%減少しています。

売り上げが振るわないなか、メイシーズは来年中に100店舗を閉店すると発表しました。現在ある店舗の13.7%を閉鎖し、コスト削減を図ります。メイシーズによると、100店舗の閉鎖で10億ドルの売り上げ損失になりますが、それを上回るオペレーションコストがカットできるようになります。

2016年第2四半期に関してアナリストに説明した際、カレン・ホグエットCFOは、「『Macys.com』を含む他の店舗による売り上げで、100店舗閉鎖に伴う売上損失をカバーできます」と語ったそうです(Seeking Alpha社の記録)。

業界の専門家たちは、メイシーズが100店舗閉鎖するのは時代の流れだと話します。

“>>>
メイシーズのような古いリテイラーは、スピードボートレースを貨物船で戦っているようなものです。

すぐに戦略を変えることができないため、超過重量分を捨てようとしているわけですが、時代遅れのシステム、チーム、作業で運営されている貨物船は、結局はどうしようとも図体の大きな古臭い船なのです。

メイシーズのような企業は、現在と未来の消費者のニーズを捉え、素早く、効果的に応えていくために、どのように技術やビジネスを設計しなければいけないか、抜本的に考え直さなくてはいけません。

<<<”

ソフトウェア開発などのThoughtWorks Retail社の顧客&イノベーション戦略担当ダイアン・イニス氏はこう語ります。もちろん、メイシーズも努力をしていないわけではありません。

メイシーズのホグエットCFOは、「メイシーズは、オムニチャネルリテールのリーダーになると決めています。店舗とオンラインの正しいバランスを見つけるつもりです」とアナリスト達に説明します。

また、アナリストからの質問に対してホグエットCFOは、こう話しています。

“>>>
メイシーズの店舗はアマゾン(「北米トップEC事業社 500 2016年版」 第1位)のような企業と競争するにあたり、競争力の高いサービスを展開していきます。さまざまな商品を提供しているメイシーズの店舗では、お客さまにすぐに満足をしていただくことが可能です。

多くのお客さまにとって、実際の色を確認し、生地を触り、試着することができるというのは、今もなお、買い物時の最重要事項なのです。

<<<”

ウェブ分析サービスを提供するSimilarWeb社のデータによると、メイシーズのサイトには過去半年間に3億6310万人が訪問。月平均で6050万人、全体の58.8%がモバイル端末からアクセスしています。

メイシーズのアプリは、グーグルプレイで63位、アップルストアでは46位にランクイン。また、インターネットリテイラー社発行のレポート「モバイル Top500 2016年版」では19位にランクインしています。

モバイル経由の売り上げは2015年に12億6400万ドルで、2014年の7億900万ドルから60%アップしています。

“>>>
モバイルアプリや技術的な改善のおかげで、コンバージョンが上がり、売り上げに寄与しています。使い勝手の悪さを取り除くことに集中して投資をしているのです。

<<<”

ホグエットCFOはこう語っています。

□ 2016年第2四半期実績

・純売上高 → 58億6000万ドル(前年同期の61億ドルから3.9%減)
・既存店ベースの売り上げ → 前年同期から2%減
・純利益 → 900万ドル(前年同期は2億1700万ドル)

□ 2016年上半期実績

・純売上高 → 110億6400万ドル(前年同期の120億3400万ドルから5.7%減)
・既存店ベースの売り上げ → 前年同期から3.8%減
・純利益 → 1億2400万ドル(前年同期は4億1000万ドル)

最終更新:8月25日(木)8時1分

ネットショップ担当者フォーラム