ここから本文です

【予告編】菅田将暉×小松菜奈、“一生に一度”の激しい純愛!『溺れるナイフ』

cinemacafe.net 8月25日(木)11時0分配信

講談社「別冊フレンド」で連載され、洗練された世界観とリアルな心理描写で熱狂的人気を博した少女マンガを映画化した『溺れるナイフ』。小松菜奈、菅田将暉のW主演に加え、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音といった最旬キャストの発表に、「このキャスティング、この実写映画化は奇跡!」とSNSを中心に話題を呼んでいる本作から、待望の予告編映像が解禁となった。

【画像】菅田将暉&小松菜奈キスシーン

15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽が出会ったのは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)。傲慢なほどに激しく、自由なコウに、反発しながらもどうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の類い希な美しさに“対等な力”を感じ、やがて2人は付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされる2人。しかし、浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きてしまう。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついた2人は、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、2人がくだす決断とは…。

小松さんに菅田さん、重岡さん、上白石さんといった、これからの日本映画界を牽引する若き実力派キャストを束ね、メガホンをとったのは、2012年のデビューから少女の鋭敏な自意識を描いた作品群で定評のある最注目の監督・山戸結希。気高く危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を、20代の新鋭監督が誰も出会ったことのないラブストーリーへと昇華させた。

このたび到着した予告編では、和歌山・熊野の美しい自然を舞台に、小松さん演じる夏芽と、菅田さん演じるコウが出会い、惹かれ合い、ぶつかり合う、躍動感にあふれたラブストーリーが描かれていく。

都会からきたティーン誌のモデル・夏芽と、地元の神主一族の跡取り息子・コウ。出会った瞬間に惹かれ合った2人は、海岸沿いを大声で叫びながら自転車で全力疾走したり、照れながら夏祭りで手を繋いだりと、生まれた想いを急ぐように育んでいく。映像では、「付けとけ、お前のことを守ってくれるかもしれん」と、自分の数珠を夏芽の右腕につけるコウのツンデレシーンも解禁されている。

しかし、一転、夏祭りの夜に全てを変える事件が起こってしまう。鬼の形相を見せるコウと目を腫らした夏芽。2人の気持ちは離れてしまったのか? その一方、夏芽に好意を寄せていた、重岡さん演じる大友の「俺じゃダメなのか? 俺が笑わせちゃるけえ」との突然の告白…。また、夏芽とコウの関係に憧れていた、上白石さん演じるカナからも衝撃のひとことが…。果たして、夏芽とコウの恋はどうなってしまうのか?


不器用にぶつかり合う少年少女たちの、“一生に一度の恋”には胸が熱くなること必至。また、“夏芽”としての想いがほとばしる小松さんのナレーションにも注目の予告編となっている。

『溺れるナイフ』は11月5日(土)よりTOHOシネマズ渋谷ほか全国にて公開。

最終更新:8月25日(木)11時0分

cinemacafe.net