ここから本文です

SMAP勢ぞろいも会話なし 解散発表後初「スマスマ」収録

デイリースポーツ 8月25日(木)5時59分配信

 12月31日に解散するSMAPが24日、都内で、フジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜、後10・00)の収録を行い、解散発表後、5人が初めて顔を合わせた。名物企画「ビストロSMAP」ゲストにリオ五輪の柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手(21)を迎え、五輪トークを笑顔で終えた。関係者によると収録で解散に触れることはなく、収録外でメンバーが話す様子はなかったという。ベイカー選手とのやりとりは29日に放送される。

 14日未明の解散発表後、初めて顔を突き合わせた5人が金メダリストと和やかなトークを繰り広げた。

 1月の解散騒動後から続く観客を入れない状態で収録はスタート。最初に買ったCDがSMAPの名曲「世界に一つだけの花」というベイカーを迎え、クイズコーナーのほか料理を振る舞い談笑。リオ五輪のTBSキャスターを務めた中居正広(44)がスキンシップを図るなど、金メダリストを盛り上げて収録を終え、解散を話題にすることはなかった。

 関係者によると、5人は通常通り別々の楽屋を使った。撮影の合間に会話はなく、緊張感があったようだ。1月の解散騒動の際には番組内で緊急生謝罪を行った5人。だが、今回、解散に触れる別収録は行わなかったという。

 分裂状態が伝えられているメンバーは帰りもバラバラに会場を後にした。午後5時14分、解散をハワイで知った存続派の木村が助手席に堂々と座り退出。同15分に中居、同16分に稲垣吾郎(42)が続き、午後6時以降に解散を申し出た香取慎吾(39)、草なぎ剛(42)が立ち去った。

 木村以外の4人は後部座席に座り、カーテンやスモークで姿が見えない状態。1月の解散騒動時と同じ状況だった。木村との関係悪化が伝えられる香取は打ち合わせがあったようで、木村が出た約1時間20分後の退出となった。

 スタジオ外ではファン数十人がメンバーの車を待ち追いかける姿も。今後は5人がファンの前に姿を見せる場に期待が寄せられている。

最終更新:8月25日(木)8時3分

デイリースポーツ