ここから本文です

慶應義塾に迫る、一貫教育の魅力と次世代の子育てシンポジウム9/22

リセマム 8月25日(木)13時15分配信

 日本経済新聞社クロスメディア営業局は9月22日、慶應義塾大学と系列中学校3校を迎え、一貫教育の魅力とその教育力に迫るシンポジウムを開催する。入場無料、申込みは9月11日まで。

スケジュール

 次世代の子育てと教育を考えるシンポジウム「一貫教育の魅力と展望 慶應義塾編」は、次世代を力強く生き抜くために、中学、高校および大学時代にどのような力を身につけておくべきかを、一貫教育で高い人気を誇る慶應義塾の教授らによる講演などから考える。

 第1部は、慶應義塾大学の冨田勝教授による基調講演「慶應義塾が目指す一貫教育」から始まり、慶應義塾普通部長の山崎一郎氏、慶應義塾中等部長の山崎俊一氏、慶應義塾湘南藤沢中・高等部長の会田一雄氏がそれぞれの教育について講演する。

 第2部は、系列中学校3校の教諭をパネリスト、SAPIX YOZEMI GROUP共同代表をモデレーターとして、「次世代の子育てと慶應一貫教育の学び」をテーマにパネルディスカッションを行う。私学の中等教育の持つ多彩な魅力を通じ、次世代の子育てはどうあるべきかを考えるシンポジウムとなる。

 受講料は無料。定員は500名で、子ども同伴での参加も可能。ほかの来場者の迷惑にならないよう、小さな子どもの参加は控えるよう呼びかけている。申込みは日経アドネットWebサイトの申込フォームより行う。申込み多数の場合は抽選のうえ、当選者には受講券メールを送信する。なお、当日の来場順により日経ホールが定員に達した場合は、日経カンファレンスルームにて同時中継を視聴する。

◆次世代の子育てと教育を考えるシンポジウム「一貫教育の魅力と展望 慶應義塾編」
日時:9月22日(木・祝)13:00~16:00(受付開始12:15)
会場:日経ホール・日経カンファレンスルーム(東京都千代田区大手町1-3-7)
※当日の来場順により日経ホールが定員に達した場合は、日経カンファレンスルームにて同時中継を視聴する
受講料:無料
定員:500名
申込方法:日経アドネットWebサイトの申込フォームから申し込む
申込締切:9月11日(日)※申込み多数の場合は抽選

《リセマム 勝田綾》

最終更新:8月25日(木)13時15分

リセマム