ここから本文です

マーフィーなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 8月25日(木)17時45分配信

 8月27日(土)の新潟5R(芝1600m)でデビューするマーフィー(牡2・美浦・伊藤大士 父カンパニー 母シャルマンレーヌ 母父ダンスインザダーク)は、重賞勝ちこそないが、フラワーC(GIII)、オークストライアルのサンスポ4歳牝馬特別(GII)で2着となり、オークス(GI・14着)にも駒を進めたジョージビューティが祖母にあたる。また一族には有馬記念、天皇賞・秋に優勝したホウヨウボーイがいる。

伊藤調教師のコメント。
「ゲート試験に合格後、1度ノーザンファーム天栄に放牧に出しています。戻ってきてからは、坂路2本で時計を出して、先週、今週(8/24)とウッドチップコースで追っています。先週もそうでしたが、今週も直線で戸惑うような面を見せていました。ただムチを1発入れると伸びてくれました。まあそれくらい遊びがあった方がいいかなと思いますし、動き自体は良かったですよ。新潟の芝1600mも合いそうですし、血統的にも楽しみですね」

 同じレースでデビューするのが、マイネルクロニクル(牡2・美浦・畠山吉宏 父ステイゴールド 母マイネプリンセス 母父アグネスデジタル)。母のマイネプリンセスも畠山厩舎におり、オープン特別を含め5勝を挙げる活躍をした。

畠山調教師のコメント。
「マイネプリンセスの子で、父がステイゴールドということもあり、会員さんの期待も高い馬ですね。男馬ですが牧場時代は、速いところをやるとお腹が巻き上がるような面もあって、少しデビューが遅れました。こちらに来てからは飼い葉も食べていますし、体が急に細くなったりはしていませんが、先週までは稽古の動きに少し物足りなさを感じていました。ただ今週はジョッキーに乗ってもらってビッシリやっていますので、これで変わってくれればと思います。気性的にはかかる面もなくコントロールもつく感じです。母は成長力のある馬でしたから、この馬もこれからが楽しみです」

 8月28日(日)の新潟5R(芝1200m)でデビューするダノンハイパワー(牡2・美浦・菊沢隆徳 父ダノンシャンティ 母ダノンボンジュール 母父Shamardal)について、菊沢調教師のコメント。

「美浦に入厩後はゲート試験を含めて、順調にできています。追い切りを重ねるごとに、動きも良くなっています。体型的にも短い距離が向いていると思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8月25日(木)17時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。