ここから本文です

生田斗真、主演作『秘密』の反響に「しめしめ」とご満悦

ぴあ映画生活 8/25(木) 17:55配信

清水玲子の人気コミックを映画化したサスペンス大作『秘密 THE TOP SECRET』の公開記念舞台挨拶が8月25日、都内で行われ、主演の生田斗真をはじめ、共演する岡田将生と大友啓史監督が出席した。

『秘密 THE TOP SECRET』/その他の画像

死んだ人間の脳からスキャンした“過去の記憶”を頼りに、事件を捜査する第九のメンバーが、迷宮入りした猟奇事件の真相に迫る。生田は「軽い気持ちで劇場に行ったら、ものすごい物を持ち帰ってしまったという声をたくさん聞きます。しめしめですね」とご満悦。「衝撃的であり、胸にグッとくるものがあるはず。皆さんが感じたものを大切にして、末永く愛していただければ」とアピールした。

俳優として幅広い活躍を続ける生田にとって、本作では10本目の主演作で「常に攻めていたいし、チャレンジしたいと思っているので、このタイミングで“ミスター・チャレンジ”大友監督と出会えて良かった」と初タッグに強い手応え。大友監督は、「普通に考えても、難しい役。この若さで、いろいろな背負った役柄を演じられる俳優はそうそういない。ぜひ、(生田の)代表作の1本になってほしい」と熱い思いを語っていた。

岡田も「僕自身、大好きな渾身作。いろんな人に見てもらい、広げていただければと思う」。8月15日に27歳の誕生日を迎え、「これからもチャレンジ精神を忘れず、攻めていきたい」と抱負を語った。本作は現在までに、45万人を動員している。

『秘密 THE TOP SECRET』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:8/25(木) 17:55

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]