ここから本文です

オージス総研、ThemiStruct Identity PlatformをOffice 365と認証連携

BCN 8月25日(木)14時2分配信

 オージス総研(西岡信也社長)は8月25日、同社が提供する統合認証プラットフォーム「ThemiStruct Identity Platform」が、Microsoft Office 365(Office 365)との認証連携に対応したと発表した。

 ThemiStruct Identity Platformは、クラウド、オンプレミスを問わず複数のサービス間でのユーザー情報連携を実現し、シングルサインオン環境とID管理機能を提供する統合認証プラットフォーム。今回のOffice 365対応により、OutlookなどのOfficeクライアントを含めたID統合が可能となり、利用者の利便性を損なうことなくOffice 365のセキュリティ強化を実現する。

 具体的には、ウェブブラウザベースに加えて、OutlookをはじめとしたOfficeクライアント(Windows、iOS版)に対応。ID管理の集中化によるコスト削減が見込めるほか、不要IDの消し忘れなどを予防し、セキュリティリスクを低減することができる。また、Office 365標準の「ID・パスワード認証」に追加認証を設定することが可能。許可されていない端末からのアクセス遮断や多要素認証の設定を行うことができる。

 さらに、Active Directoryフェデレーションサービスなどのサーバー群を追加構築することなく、Office 365とのID統合が可能。同ソリューションは、クラウドサービスとして提供されるため、初期投資抑制と中長期的な運用コストを抑制できる。

 価格は、年額360万円から。

最終更新:8月25日(木)14時2分

BCN