ここから本文です

石川遼が国内で6年ぶりの首位発進 小田龍一ら7人も並走の混戦

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月25日(木)17時53分配信

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 初日◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)◇7151yd(パー72)

最新画像続々!石川遼のフォトギャラリー

1カ月ぶりの開催となる国内男子ツアー。石川遼、太田直己、平本穏、小田龍一、福永安伸、任成宰(イム・ソンジェ、韓国)、ソン・ヨンハン(韓国)、ブラント・ケネディ(オーストラリア)の8人が、6アンダーの首位に並んでスタートした。

腰のケガからの復帰2戦目で、7月上旬の「日本プロ選手権」以来7週ぶりの大会出場だった石川は、1イーグル5バーディ1ボギーの内容。2010年の「フジサンケイクラシック」(優勝)以来6年ぶりとなる国内ツアーでの首位発進となった。

5アンダーの9位グループには岩本高志、永野竜太郎、手嶋多一、藤本佳則、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)ら8人が並び、1打差に16人が連なる混戦模様。さらに1打差の17位には、賞金トップの谷原秀人や選手会長の宮里優作ら12人が並んでいる。

前年覇者でリオ五輪に日本代表として出場した池田勇太、米ツアーから帰国参戦する岩田寛は3アンダーの29位グループ。片山晋呉は2オーバーの109位と出遅れた。石川遼の弟でこの日がツアーデビューだったアマチュアの石川航(県立浦和高2年)は10オーバーの138位で初日を終えた。

最終更新:8月30日(火)6時7分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)