ここから本文です

26日からアース・セレブレーション アジアの「音」融合進化 佐渡

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8/25(木) 13:44配信

 佐渡の夏を盛り上げる国際芸術祭「アース・セレブレーション(EC)2016」が26~28日、佐渡市で開かれる。本番直前の24日には、同市小木金田新田の鼓童村で初日に披露されるコンサートに向けて、太鼓芸能集団「鼓童」とゲスト出演者がリハーサルを行った。

 ECは鼓童文化財団と市が主催し29回目。第1回以来となる鼓童村コンサートには、ベトナムの伝統音楽芸能団「バックハー」を迎える。

 リハーサルではバックハーがベトナムの伝統楽器を響かせ、そこに鼓童が和太鼓の音を重ね合わせた。両者はジェスチャーを交えながら、リズムや強弱を細部まで調整していた。

 バックハーの団長、ミン・チーさん(55)は「日本とベトナムの伝統音楽を融合させることで、それぞれの演奏を進化させたい」と意気込んでいた。

 バックハーは鼓童村でのコンサートの他に27、28日に小木地区や相川地区で演奏を行う。また、EC期間中は島内各地でトレッキングや鬼太鼓などを楽しむ体験プログラム、国内外の料理や雑貨を販売するハーバーマーケットなどの催しが開かれる。問い合わせは実行委員会、0259(81)4100。

最終更新:8/25(木) 13:44

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ