ここから本文です

【インドネシア】JFE商事、地場の伸線加工出資で販売強化

NNA 8月25日(木)8時30分配信

 JFE商事は24日、インドネシアの伸線加工メーカー、メガ・プラタマ・フリンド(MPF)への出資を発表した。各国の自動車部品メーカーがインドネシアに進出し、伸線材への需要が今後も見込まれることから、現地加工会社への出資を通じて、特に日系メーカーからの需要の取り込みを目指す。
 JFE商事が国外の鋼材加工メーカーに出資するのは初めて。同社の担当者はNNAに対して「出資額は300万米ドル(約3億円)。この出資額を元に、MPFが新しい2次加工設備を導入する。日本製の機材導入を進め、特にインドネシアへ進出している日系メーカーに対して日本品質の伸線材を売り込んでいく」と述べた。
 さらに、「主要な販売先は、インドネシア国内に進出している二輪および四輪のメーカー。同国の内需は現在やや落ち込んでいるものの、中長期的に見た場合にはまだ右肩上がりで伸びる潜在性があるとの判断から、今回の出資を決定した」と話した。新設備は17年度の稼働を予定している。出資比率については明らかにしなかった。
 JFE商事とMPF、JFEスチールの3社は、2011年から提携関係を構築してインドネシア国内向けに伸線材の販売を進めていた。先の担当者は、「これまで3社は資本のやりとりがない、ビジネスだけの関係だった。今回はマイナー出資で経営に参画することはないが、JFEスチール製の線材供給だけでなく、新設備の導入によりMPFのサプライチェーン(供給網)に加わることができる」と説明した。今後はインドネシア国内だけでの販売だけでなく、インドネシアから周辺諸国への輸出を通じた海外販売力を強化できるとの見込みを示した。
 MPFは、自動車部品加工大手ガルーダ・マルチ・インベスタシ傘下の子会社で、1995年設立。現在の従業員数は240人で、線材の冷間引抜加工やインドネシア国内外への製品販売を主要業務としている。

最終更新:8月25日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。