ここから本文です

ウィル・スミス「悪役は楽しい」 超話題作『スーサイド・スクワッド』ジャパンプレミアに4000人!

ぴあ映画生活 8月25日(木)19時58分配信

DCコミックス作品の悪役たちがチームを組んで活躍する『スーサイド・スクワッド』のジャパンプレミアが8月25日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、約3年ぶりの来日を果たしたウィル・スミス、共演するマーゴット・ロビーと福原かれんが出席。会場が約4000人の熱気に包まれる中、スミスは「皆さん、ありがとうございます!」と日本語で感謝を伝えた。

ジャパンプレミア その他の写真

映画は死刑や終身刑を宣告された悪役たちが、減刑と引き換えに、自殺に等しい任務を遂行するため“スーサイド・スクワッド(自殺団)”を結成し、極悪なまま、“悪人にしか倒せない敵”に挑む様を描いたアクション・エンターテインメント。全米では公開から3週連続ナンバーワンの大ヒットを記録し、スミス主演作の中でも最高のオープニング記録を樹立している。

本作でマフィアに雇われた人類最強のスナイパーという役どころに挑んだスミスは、「何をやっても、何を言ってもいいから悪役は楽しいね。自由を感じたよ」と新境地に強い手応え。ただ、一人娘にはめっぽう弱いという設定で「その点は演じるのが、難しかったよ」と話した。

“悪カワヒロイン”のハーレイ・クインを演じたロビーは、今回は初来日で「ずっと日本に来たかったから、心の底から楽しんでいるわ」とご機嫌。「ファンが多いキャラクターだから、彼らの思いや愛情に見合った演技をしなければと思った」と振り返った。また、映画初出演にして、ハリウッド大作に抜擢された福原は、「ナーバスになっていた私を、ウィルさんやマーゴットさんが温かく迎え入れてくれた。6カ月間、120パーセント頑張って作った映画なので、ぜひよろしくお願いします!」と力強くアピールした。

『スーサイド・スクワッド』
9月10日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:8月25日(木)19時59分

ぴあ映画生活