ここから本文です

Kaizen Platformとペンシルが業務提携、A/Bテストで商品の訴求軸を見つけ出す「Value Explorer」提供開始

Web担当者Forum 8/25(木) 19:06配信

ユーザーインターフェース改善のKaizen Platformとコンサルティング事業のペンシルが業務提携を行い、メーカーが運営する通販サイトのマーケティング戦略全体を支援するソリューション「Value Explorer」をペンシルが8月25日に提供開始した。

Value Explorerは、メーカーの単品通販サイトにおける「訴求軸の検証・改善」に特化したソリューション。「顧客心理に刺さる訴求軸がなかなか見つからない」「訴求のアイデアが枯渇している」といった通販サイトのマーケターの悩みを解決するため、ペンシルの20年以上にわたるWebサイト改善・分析のノウハウと、Kaizen Platformがもつ世界中のグロースハッカーのネットワークを融合。スピーディーに商品の訴求軸を発見し、販売促進を高めることを支援する。

同ソリューションの特徴は次の3つ。

・Kaizen Platformに登録している4,000名のグロースハッカーを活用することにより、通常は準備に1か月ほど必要なA/Bテストを1週間程度でスピーディーに開始可能
・短期的なCVRアップやLPOを目的としたA/Bテストと異なり、中長期の改善活動を支援。商品のもつ訴求軸を見つけ出すことを目的とするのでページの流入数が少ない場合でも実施可能
・ペンシルの戦略的サイト分析ツール「スマートチーター」を分析に活用し、テレビCMやインフォマーシャルなどオフラインのマーケティング戦略にもフィードバック可能

利用料金は、おおよそ6か月120万円から。価格は利用条件によって異なるので、詳細はペンシルに問い合わせて確認が必要。同社は、2016年度中にEC事業者20社への導入を目指すとしている。

最終更新:8/25(木) 19:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。