ここから本文です

【日産 セレナ 新型】オーテック、カスタムモデル や福祉車両を発売

レスポンス 8月25日(木)8時45分配信

オーテックジャパンは、新型『セレナ』をベースとしたカスタムカー「ライダー」および「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズを8月24日より発売する。

[関連写真]

新型セレナ ライダーは、フロントグリルやバンパーグリルに独特の輝きを放つメタル調の塗装を施し、シャープな造形のフロントバンパー下部には、奥行き深くブルーの光を放つ「ブルーホールLED」を採用。インテリアでは、インストパネルへも専用表皮を張り込み、シートやステアリングと合わせてブルーステッチをあしらった。さらに、メタル調塗装のエクステリアパーツや専用マフラーなどを「ライダーダイナミックエクステリアパッケージ」としてオプション設定した。

価格は294万9480円から332万8560円。

また同時に、同社創立30周年を記念した特別仕様車「オーテック 30th アニバーサリー」を、エルグランド「ライダー」シリーズ、エクストレイル「モード・プレミア」に続いて、新型セレナ「ライダー」にも設定。ブラキッシュメタル調塗装のエクステリアパーツや、シャープな輝きを放つLEDのランプ類を採用したほか、「セレナ」で唯一のレザーシートを装備し、特別感のあるモデルとした。

価格は348万0840円から385万0200円。

ステップタイプは、助手席へ乗降する人と助手席側スライドドアから後席へ乗降する人が、同時に使えるロングステップを採用する。助手席ドアもしくは助手席側スライドドアの開閉と連動して、ステップが展開・格納。小さな子どもがいる家庭におすすめのモデルだ。

価格は270万4320円から335万1240円。

LVシリーズは、助手席スライドアップシート、セカンドスライドアップシート、チェアキャブ リフタータイプ、送迎タイプを設定。ベース車の広い室内空間を活かして、家庭から福祉施設・病院まで幅広いニーズに対応するバリエーションとした。

価格は265万8960円から364万9000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月25日(木)8時45分

レスポンス