ここから本文です

富士通、社内外のデータ統合・分析を全面支援する「DMPインテグレーションサービス」をリリース

MarkeZine 8/25(木) 11:50配信

富士通、社内外のデータ統合・分析を全面支援する「DMPインテグレーションサービス」をリリース

画像

 富士通は企業の既存顧客とのエンゲージメント強化に向けて、自社システムに蓄積したデータを活用したいとのニーズの高まりを受け、社内外の様々なデータを統合・分析し、効果的なプロモーションを実現する「DMPインテグレーションサービス」を開発。8月23日より提供を開始した。

 同サービスでは、企業が保有する顧客情報などの多種多様な基幹データを統合管理するデータベース層と、それらのデータとサービスプロバイダーがもつインターネットでの検索・閲覧などのアクセスデータを統合する。その後、一人ひとりの購買・行動履歴に基づいた最適なプロモーションを実現するデータ統合・分析・活用基盤を提供し、各種チャネルとの連携を行うもの。

 これにより、Webプロモーションやメールキャンペーンなどにおけるデータの蓄積から活用までをサポートし、様々な情報を統合・分析することで、One to Oneでの施策の立案や実行を可能とする。

 また同社はサービスの販売開始に先駆け、同社のパソコンショッピングサイト「WEB MART」のディスプレイ広告配信において実証実験を行った。

 同社の顧客データとSupershipが保有するデータを連携させ、広告を出稿するターゲットをより細かく絞りこみ配信を行った結果、CPA(Cost Per Action)を3分の1に削減することができた。

最終更新:8/25(木) 11:50

MarkeZine