ここから本文です

渡辺謙、『怒り』がトロントほか海外映画祭へ!「誇りをもって、日本代表として」

cinemacafe.net 8月25日(木)12時45分配信

2010年の『悪人』で、深津絵里が第34回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門最優秀女優賞を受賞、日本でも興収20億円の大ヒットとなり、第34回日本アカデミー賞主要5部門を受賞をした原作・吉田修一×監督・李相日のコンビ。このほど、そのチームが再集結し、渡辺謙をはじめとする豪華実力俳優陣で贈る意欲作『怒り』が、第41回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門、加えて第64回サン・セバスティアン国際映画祭コンペティション部門へ出品されることが決まった。

【画像】『怒り』ポスター

八王子で発生した陰惨な殺人事件。被害者のものと思われる血で書かれた「怒」の一文字と、逃亡を続ける犯人。1年が経過しても犯人の有力情報は得られぬまま、事件から生まれた疑いが日本中に広まり、人々の“信じたい”気持ちに歪みを与えていく。前歴不詳の3人の男と出会い、距離が縮まる3組の登場人物。信じたはずが一度生じた疑いから逃れられず、“信じる” “疑う”の対極の感情の間で揺れていく。行き着く先は救いか破滅か。信じた先の“怒り”は凶行を生み、思わぬ形で殺人事件を解き明かしていく――。

主演の渡辺さんをはじめ、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡といった豪華キャスト陣がそれぞれ新たな境地を開いた本作。行き場のない感情に葛藤する3組が織り成す群像劇は、李相日作品の真骨頂として大きな注目を集めている。

まず、ベルリン、カンヌに次ぐ来場者数32万人を集め、例年300本以上の作品が上映される北米最大級の映画祭にして、米アカデミー賞の前哨戦として広く知られるトロント国際映画祭では、父娘を演じた渡辺さんと宮崎さん、そして李監督が招待を受け、現地時間9月10日のプレミア上映に参加する。本映画祭の最高賞は、観客の投票によって決定する観客賞で、近年では『英国王のスピーチ』や『それでも夜は明ける』、『ルーム』など、アカデミー賞に直結するとして大きな注目を集めている。

さらに、スペインで開催されるサン・セバスティアン国際映画祭では、日本映画で唯一、コンペティション部門での出品が決定! 現地時間9月23日のプレミア上映に、渡辺さんと李監督が参加。また、翌日、現地時間24日に行われるクロージングセレモニーにも出席し、これまで日本作品は受賞していない最高賞となる最優秀作品賞を目指す。

なお、渡辺さんは『明日の記憶』(’06)でハワイ国際映画祭、『硫黄島からの手紙』(’06)でベルリン国際映画祭、LA Eiga Fest2014、2013年公開の『許されざる者』でヴェネチア国際映画祭、釜山国際映画祭に参加以来、3年ぶりの国際映画祭への参加となる。

■渡辺謙 コメント
僕が日本で出演した作品をアメリカで紹介したいとアメリカのパブリシストに言うと、「トロント国際映画祭へ出品しろ」と言われるくらい北米最大の映画祭です。この作品に含まれている人間の本質的な痛みや悩みみたいなものは、洋の東西問わないと思うので、海外の方々へどれだけ深く刺さるか、どういうリアクションがかえってくるか、興味深いです。

また、ヨーロッパの方は日本に近い感覚を持っていらっしゃるお客様が多いので、また北米とは違うリアクションがあるのではないかと、とても楽しみにしています。オリンピックでもたくさんの種目があるように、日本の映画もいろいろなタイプの映画があります。いま、本当に誇れる映画が出来たなという気がしています。ちゃんと日本でこういう映画をつくりました、という誇りを持って、日本代表として行きたいと思います。

■宮崎あおい コメント
この作品で李監督と渡辺さんと一緒に映画祭に行けるというのは、本当に嬉しいです。「すごい映画が出来ました」と自信を持って言える作品なので、その気持ちを伝えて、たくさんの人に観ていただけるように頑張りたいなと思います。とても緊張していますが、『怒り』を観た海外の方々の反応を楽しみにして行きたいと思います。そしてトロントは10年以上前ですが、ホームスティをした場所でもあるので、このようなかたちでトロントに行けることも嬉しいです。

『怒り』は9月17日(土)より全国にて公開。

最終更新:8月25日(木)12時45分

cinemacafe.net