ここから本文です

山田復帰でヤクルト打線機能!無安打でも存在感ケタ違い…連敗止めた

デイリースポーツ 8月25日(木)6時2分配信

 「ヤクルト5-2中日」(24日、神宮球場)

 やっぱり頼もしい。左第8肋骨(ろっこつ)骨挫傷で離脱していたヤクルト・山田哲人内野手が、出場選手登録即スタメン出場。3打数無安打だったが抜群の存在感を示し、ツバメ軍団の連敗も4で止まった。

 初回の先制攻撃をお膳立てした。山田が四球を選ぶなどした2死一、二塁から、鵜久森の3ランなどで4得点。前夜までの3試合は2試合連続完封負けを含む計2得点と停滞していたが、この夜は5得点と機能した。真中監督は「(山田が)いるのといないのとでは相手投手の疲れが違う。いいムードになっている」と目を細めた。

 9日・中日戦以来の出場となった山田は「久々という感じはしなかった。しっかり振れているし、大丈夫です」と力を込めた。主砲の復帰とともにチームの逆襲が始まる。

最終更新:8月25日(木)7時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)