ここから本文です

(時時刻刻)首脳会談へ融和探る 日中韓外相会談

朝日新聞デジタル 8月25日(木)7時30分配信 (有料記事)

 24日の日中韓外相会談は、沖縄県の尖閣諸島をめぐる日中の対立が冷めやらない中での開催になった。ただ、日中両国ともに9月以降、自らが議長国を務める国際会議をなんとしても成功させたい事情は同じで、日中、日中韓首脳会談を実現させるための調整が水面下で始まった模様だ。▼1面参照

 ■中国、自国G20の成功最重視
 「みなさんこんにちは。おはよう、かな」
 日中韓外相会談を控えた24日早朝。王毅外相は、中国との関係が深い自民党の二階俊博幹事長と会談した際、日本語であいさつした。日本語が流暢(りゅうちょう)な王氏だが、対外的にはめったに話すことはない。……本文:6,693文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月25日(木)7時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。