ここから本文です

DDSとジインズ、EVEシリーズとADMSの連携ソリューションを発売

BCN 8月25日(木)16時38分配信

 ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)とジインズ(廣瀬光男代表取締役)は8月25日、可用性と安全性を同時に高めることができる連携ソリューションを9月1日に発売すると発表した。

 今回のソリューションは、DDSの統合認証基盤ソリューション「EVEシリーズ」とジインズのID統合管理製品「ADMS」を連携することで、企業のID管理にかかる運用・管理の負担軽減と、PCやアプリケーションログインの情報セキュリティ対策を同時に実現する。EVEシリーズは、指紋、顔、静脈などの生体認証、ICカードなどの物理認証、パスワードなど知識による認証に対応した「多要素認証ソリューション EVE MA」と、二要素認証に対応した「指紋認証ソリューション EVE FA」を主力製品とし、自治体の強靭化対策で求められる二要素認証を実現する。また、ADMSは、Active Directory、グループウェア、メールサーバーなどのアカウント管理を容易にし、管理コスト、オペレーションミスを低減する。

 この連携ソリューションによって、Active Directory・グループウェアなどのウェブサービスやアプリケーションのアカウント管理と認証基盤へのアカウント連携を容易にし、組織変更・人事異動などのアカウント管理や認証設定にかかる作業工数や管理コスト、操作ミスを大幅に低減することが可能となる。

最終更新:8月25日(木)16時38分

BCN