ここから本文です

「どうぶつ奇想天外!」7年半ぶりに特番で復活!番組見て育った「ももクロ」がゲストに

cinemacafe.net 8月25日(木)13時32分配信

1993年10月16日から2009年3月29日までの15年半にわたり放送された、地球上に生きるすべての動物たちの魅力や生態をクイズ形式で紹介していくバラエティ「どうぶつ奇想天外!」が3時間スペシャルとなって7年半ぶりに復活することが分かった。

【画像】番組スタジオ写真

同番組は、野生動物からペットまで、幅広い動物たちの「ふしぎ」「おもしろさ」「感動」「命の尊さ」を追って、日本のみならず世界中を取材班が飛び回り、582回の放送のなかで訪れた国と地域は50以上、総移動距離は142周にも及んだ。

今回放送されるスペシャル番組では、15年半番組の“顔”であったみのもんたとともに、TBSアナウンサーの安住紳一郎が加わって番組を進行。レギュラー出演者だった高田純次と渡辺満里奈もスタジオに登場、また、同番組をきっかけにブレイクしたさかなクンもスタジオとロケ参加と大活躍する。

そして、番組を見て育った世代である「ももいろクローバーZ」がスタジオ組とロケ組に分かれて参加。リーダーの百田夏菜子は長崎の水族館、九十九島水族館・海きららで、日本でもここのイルカしかできないパフォーマンスの秘密をリポート。

今回は、過去の放送から思い出深い「懐かしの名シーン」の数々を紹介するほか、スタッフ陣も当時のベテランスタッフと若い世代のスタッフが結集し、今回の目玉企画の取材を進めているという。

そんな目玉企画としては、さかなクンが“未来のさかなクン・さかなサン”になりえる全国の少年少女のもとを本人がたずねていく魚の研究にまつわる授業や、「ももクロ」玉井詩織など芸能人が飼い犬との絆を確める「待て」対決、ほかにも、「どうぶつ奇想天外!」ならではの大自然に生きる動物たちや幻の珍獣を追い求め、その姿を捉えている。

今回、番組復活にあたって司会のみのもんたは「『どうぶつ奇想天外!』を毎週見ていた女の子が、いま、お母さんになって『子どもに見せたい』と言ってくれる。僕からみれば孫の世代だけど、彼らにもとことん楽しんでもらえる番組にしていきたいです」と喜びのコメントを寄せている。

「どうぶつ奇想天外!2016」は9月21日(水)19時~TBS系で放送。

最終更新:8月25日(木)13時32分

cinemacafe.net