ここから本文です

子ども宇宙教室や工作・体験、地球観測センター「秋の一般公開」10/2

リセマム 8月25日(木)16時45分配信

 埼玉県比企郡にある宇宙航空研究開発機構 地球観測センターは、10月2日に秋の一般公開を実施する。宇宙から見た地球の画像の展示、講演会、クイズラリーなどが催される。子どもから大人まで、幅広い年齢が対象。入場無料、参加申込不要。

イベント詳細

 地球観測センター「秋の一般公開」では、講演会や工作、体験教室やクイズラリーなど、子どもも大人も一緒に楽しめる催しが多数実施される。

 午前と午後の2回開催される「こども宇宙教室」では、「人工衛星ってなあに?」をテーマに、子ども向けの講演会を行う。そのほか、宇宙飛行士の訓練服「ブルースーツ」を着るコーナーや、発泡入浴剤で飛ばして遊ぶ「フィルムケースロケット」工作、地球観測センター内のいたるところに設置されたクイズに答える「クイズラリー」など、子ども向けのイベントを用意。鳩山町イメージキャラクター「はーとん」も来場予定だ。

 さらに、同日には講演会「宇宙人文学~衛星データで歴史を知る~」も開催。衛星画像や4次元デジタル地球儀「ダジック・アース」を紹介する画像展示コーナー、「動く衛星画像・パラボラアンテナの不思議」や近隣大学による展示、宇宙グッズ・紙の宝石「地球観測Jewelry」の販売なども開催予定。地球観測センターのある鳩山町の物産展も開催される。数に限りがあるが、軽食の販売なども行う予定だという。

 なお、「秋の一般公開」当日は、地球観測センター駐車場の混雑が予想され、満車の場合は車両入場制限となる。そのため、地球観測センターはできるだけ最寄りの東武東上線高坂駅からの無料送迎バスを利用することを勧めている。無料送迎バス利用者には、記念品のプレゼントがある。無料送迎バスの時刻表やイベントの詳細は、JAXAのWebサイト内に掲載されている「2016年イベント一覧」で確認できる。

◆宇宙航空研究開発機構 地球観測センター「秋の一般公開」
日時:10月2日(日)10:00~16:00 ※入場は15:30まで
会場:宇宙航空研究開発機構 地球観測センター(埼玉県比企郡鳩山町大橋沼ノ上1401)
スケジュール:
・講演会「宇宙人文学~衛星データで歴史を知る~」11:30~、14:30~(各回30分、50席)
・こども宇宙教室10:30~、13:30~(各回30分、50席)
・画像展示コーナー(衛星画像や4次元デジタル地球儀ダジック・アースを紹介する)
・フィルムケースロケットを作ろう!
・宇宙飛行士の訓練服「ブルースーツ」を着てみよう!
・動く衛星画像・パラボラアンテナの不思議
・クイズラリー
・鳩山町物産展 
・宇宙グッズ・紙の宝石「地球観測Jewelry」の販売
・近隣大学の展示など

《リセマム 池野サキ》

最終更新:8月25日(木)16時45分

リセマム