ここから本文です

阪神・坂本プロ初弾!高山と明大ドラ1&2コンビが競演や

デイリースポーツ 8月25日(木)6時2分配信

 「DeNA1-5阪神」(24日、横浜スタジアム)

 身長176センチ、78キロの背番号12が攻守で大きな存在感を示した。虎の黄金ルーキーは高山俊外野手だけではない。同じ明大出身の阪神ドラフト2位・坂本誠志郎捕手がCS進出を争うDeNAとの大事な直接対決で価値ある勝利に貢献した。

 8番打者がバットで驚かせた。2点リードの四回無死、久保康の115キロスライダーを左翼席ギリギリに放り込んだ。出場13試合目、23打席目でのプロ1号を「必死なので打ったら走るという感じでした。でもいい感じで打てたので、いってほしいなと思いながら走っていました」と照れながら振り返った。

 守備でも初めてバッテリーを組んだ藤浪を救った。一回無死一塁、一走・桑原が二盗を試みるとドンピシャのストライク送球で刺した。企図数6度目でプロ初の盗塁刺を記録。四回には1死から遊ゴロを捕球した北條が一塁へ悪送球。カバーに回っていた坂本が打者走者ロペスの二進を防いでアウトにした。「常にそういうことが起こると考えながらやっていれば、しっかりできると思う。今日はしっかりできた」と平然と振り返った。

 金本監督は「もともとバッティングが悪いとは思っていない。スイングスピードもそこそこある。聞いていたよりはパンチもある。慣れたらもっと打つようになる」と守備だけでなく、打撃も評価する。

 プロとしては小柄な坂本だが、指揮官が推奨するウエートトレには熱心に取り組んでいる。この日も午前中、他の若手とともに横浜市内の施設に出向き、約1時間体をいじめ抜いた。そういう不断の努力が長打力につながっている。

 快勝にも「その場面その場面で必死なので。できていることは続けたいし、できていないことがそれ以上にある。いいように向くようにまた明日準備したい」と反省を忘れない。残り25試合での正捕手争いに坂本が堂々と名乗りを上げた。

最終更新:8月25日(木)7時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]