ここから本文です

「ワイスピ」ビン・ディーゼルになれ!「タートルズ」最新作SKY MISSION映像公開

映画.com 8月25日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] マイケル・ベイ製作の人気シリーズ第2弾「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」の本編映像が公開された。空中の飛行機から、タートルズがスカイダイビングする見せ場を切り取っている。

ラファエロがスカイダイビングにガチビビリ!「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」本編映像はこちら

 化学物質でミュータント化したレオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロの4匹の亀たちが、宿敵シュレッダー(ブライアン・ティー)と新たな敵クランゲの魔手から世界を救うために戦いを繰り広げるさまを描く。ミーガン・フォックスがタートルズの相棒・エイプリル役を再び演じている。

 タートルズは人前に出ることを師匠に禁じられており、前作はニューヨークのみで物語が進行したが、公開された映像でも描かれている通り、本作ではブラジルへ。シュレッダーの配下・ロックステディ(ステファン・“シェイマス”・ファレリー)、ビーバップ(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ)と大バトルを繰り広げる。

 ロックステディとビーバップを追うタートルズは、飛行機から飛行機へ飛び移るという無謀なミッションに挑戦。パラシュートも装着せずにドナテロ、レオナルド、ミケランジェロが次々と飛び降りていくなか、ラファエロだけが後れを取ってしまう。タートルズ一の武闘派であるラファエロが高所恐怖症だった意外な一面が描かれると共に、「ビン・ディーゼルになれ。後悔も、恐れもない」と必死に言い聞かせる姿が笑いを誘う内容だ。ディーゼルといえば「ワイルド・スピード SKY MISSION」や「トリプルX」でスカイダイビングに挑戦している。

 映像中では機体に飛び移ったタートルズたちのスリリングなアクションも収められており、チームワークでピンチを乗り切るさまが描かれる。本作のほか「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」を手がけたデイブ・グリーン監督は「10代というのは自分じゃない何かになりたくなる時があるものだよね。と同時に、自分自身を受け入れることも学んでいく。それがこの映画の中で感情的に通底するものだ。観客は、タートルズたちが“1人ひとりの違いこそ、自分たちを唯一無二で強力な存在にするのだ”と学ぶ過程を目にすることになる。僕はそこに共感したんだ」と語っている。

 「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」は、ローラ・リニー、スティーブン・アメル、タイラー・ペリーらが新たに参加。8月26日から全国公開。

最終更新:8月25日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。