ここから本文です

「やっぱり難しかった」石川遼の弟・航は最下位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月25日(木)19時11分配信

国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」が25日、福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で開幕。石川遼の弟でアマチュアの石川航(16=県立浦和高校2年)は6ボギー、2ダブルボギーの10オーバー「82」を叩き、出場138人中で最下位のほろ苦いツアーデビュー初日となった。

【画像】キャディは姉の葉子さん

バーディを1つも奪えない苦しい流れは最後まで続いたが、「悪い調子ではなくてこのスコアだったので、やっぱり難しかったです。グリーンの硬さと、ラフの深さですね。でも、良い1日だったと思います」と、最下位の位置を素直に受け止めていた。

一方の兄は、この日「66」と伸ばして6アンダーの首位発進。会見の席上で弟の話題を振られるとフッと表情を緩め、「まだ結果に対してガッカリする段階ではないし、出られたことに感謝する気持ちを持っていれば上手くなれると思う」と弟への思いを言葉にした。(福岡県糸島市/塚田達也)

最終更新:8月25日(木)19時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]