ここから本文です

青春ジャズ物語「BLUE GIANT」最終回!次号から新タイトルで海外編へ突入

コミックナタリー 8月25日(木)7時0分配信

石塚真一「BLUE GIANT」が、本日8月25日発売のビッグコミック17号(小学館)にて最終回を迎えた。なお9月10日発売の同誌18号からは、「BLUE GIANT SUPREME」という新たなタイトルにて連載が行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「BLUE GIANT」は世界一のジャズプレーヤーを目指す青年・宮本大の物語。累計150万部を突破し、「マンガ大賞2016」では3位に輝くなど注目を集めている。「BLUE GIANT」としては今号で最終回を迎えるが、次号からは海外編へ突入。なお9月9日には「BLUE GIANT」の単行本9巻がリリースされる。さらなる盛り上がりを見せる、青春ジャズ物語に注目しておこう。

(c)石塚真一/小学館

最終更新:8月25日(木)7時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。