ここから本文です

南北大東島きょう夜遅く暴風 台風10号、27日猛烈な強さに 30日本州上陸か

琉球新報 8月25日(木)11時8分配信

 気象庁によると、非常に強い台風10号は25日午前9時には南大東島の南約260キロにあって、ゆっくりとした速さで南西に進んでいる。南北大東島の近海で停滞しながら発達を続け、27日には猛烈な強さに発達するとみられる。

 大東島地方には波浪警報が発表されている。25日夜遅くから暴風が吹く見通しで、台風の速度が遅いことから同地方は28日ごろまで暴風にさらされる恐れがある。台風は26日ごろに進路を北東寄りに変え、Uターンするように沖縄地方から遠ざかる見通し。

 台風10号は午前9時現在、中心気圧945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から半径90キロ以内で25メートル以上の暴風が吹いている。

 27日午前9時には中心気圧920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルまで発達する見通し。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8月25日(木)15時0分

琉球新報