ここから本文です

香妻琴乃、唯一のノーボギーラウンドも「もうちょっと伸ばせた」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月25日(木)19時11分配信

<ニトリレディス 初日◇25日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

ドレス姿も!香妻琴乃フォトギャラリー

 北海道にある小樽カントリー倶楽部を舞台に開幕した「ニトリレディス」初日。香妻琴乃が出場選手中唯一となるノーボギーでラウンド。1アンダーの9位タイにつけた。
 

 「ピンチは2mのパーパットが1つあったくらい」と香妻。16ホールでパーオンするなど難コースと感じさせない、終始安定したゴルフを展開した。

 好プレーを支えたのはティショット。「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」から好調をキープしているショットは、大きなミスもなく「ミドルホールでは1度もラフから打たなかった」。距離を計算しやすいフェアウェイにしっかりと置いてピンチを招かなかった。

 逆に反省は「チャンスをものにできなかった」こと。「ロングパットのタッチの感覚は良いんですが、短いと“入れよう”と思ってしまってストロークが悪くなっている」とバーディはわずかに1つ。「もうちょっと伸ばせた内容だった」。上が伸ばしあぐねていただけに、もったいないというのが本音だ。

 「もっとスコアが出そうなイメージです。ショットは細かい修正をして、あとはパッティング。ここ何試合か楽しくプレーできているし頑張りたい」。昨年は2日目に“68”を出してベスト10フィニッシュと相性も悪くないだけに、パットがついて来ればさらに上の順位も見えてくる。


(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月25日(木)19時11分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]